次世代型航空機部品
供給ネットワーク
(OWO)

〒560-0031
大阪府豊中市蛍池北町1-6-48
株式会社
ダイイチテクノス内
TEL 06-6651-5117
FAX 06-6656-7272

mail:information2012☆owosaka.jp
(スパム防止のため@を☆にしています)


OWO会員訪問
第11回 宏栄スプリング工業株式会社 代表取締役 入船 學氏
(2011.10.3訪問)
 
  航空機産業参入に向け2011年、JISQ9100を取得する等、積極的な活動を展開する特殊なスプリングの開発〜製造までを手掛ける宏栄スプリング工業を訪問してお話をお伺いしました。  
 
INTERVIEW
   Q1,OWOに入会されたきっかけをお聞かせ下さい。
 平成2年の社長就任以来異業種交流会等の勉強会に積極的に参加していました。その中でOWO初代会長の田中氏と交流する機会があり、元々防衛関連のバネ製品を製造していたこともあってOWOへ入会させていただきました。全てにおいてそうですがやっぱり人との出会いが全てです。

Q2,航空機産業の目指されている分野をお聞かせ下さい。
  弊社はバネメーカーですのでバネの製造、販売を目指しています。予想以上に航空機にはバネが使われていないのが厳しいところです。

Q3,航空機産業に向け、実際に取り組まれていることをお聞かせください。
  2011年3月にJISQ9100を取得し、現在運用中です。またNadcap等も必要ですが、詳細は言えませんが現在は航空機向けに特殊な金属を使用したバネの開発に取り組んでいるところです。


(写真:様々な大きさ、用途に対応するバネ製品)

Q4,航空機産業への取り組みにより社内の影響を教えてください。
 JISQ9100もそうですが2010年にISO9001を取得したことによりようやく企業としてのシステムが充実してきたと感じています。外部からは前向きな姿勢を評価していただき、社内では将来的な可能性を感じてモチベーションは上がっています。

Q5,今後の目標や夢についてお聞かせください。
  航空機産業は将来的に技術の大きな柱の1本にしたいと考えています。私は「技術を追求していくことでお金は後からついてくる」と常々申しております。開発から製造までを手掛ける弊社にとっては技術の育成が企業の成長には必要だと思っています。おそらく10年以上かかるでしょうが航空機関連の技術を手に入れて更なる技術の向上を図りたいですね。


 


COPYRIGHT (C) 2011 OWO. ALL RIGHTS RESERVED.